全体の福祉を向上させ将来のための貯蓄が必要のない今を生きる社会を作り出す事

全体の福祉を向上させ将来のための貯蓄が必要のない今を生きる社会を作り出す事
Line

全体の福祉を向上させ将来のための貯蓄が必要のない今を生きる社会を作り出す事


全体の福祉を向上させ将来のための貯蓄が必要のない今を生きる社会を作り出す事

日本がどんどん少子化になっているのは、子供にかかる費用が、社会福祉の進んでいる国に比べて、物凄い出費があるためです。

そして、今の若い人たちの多くには、非正規雇用の人達が増えていて、また、正規雇用の人達も、急に首になるなど、以前のような安定もなく、不安を与える世の中です。

そんな世の中では、子供を育て上げられるか、不安が強いのが当たり前です。

この体制を大幅に変えること出来れば、少子化は防げるのです。

そして、社会福祉の全体の向上が、必要です。

子供の親の老後も守られる必要があります。

それは、自分の老後さえ資金で頭が痛くては、子供を産むなんていう選択は少なくなります。

さらに言うならば、自分の今の暮らしさえ、危うい若者が増えている現状を変える必要があります。

また、女性の仕事への価値観を変える必要があります。

今まで、日本の女性は、主婦業が多く占めていて、結婚をするなら主婦で生きたい人も多いのです。

現実的には、男性一人の働きでは、家計を支えられなくなってきました。

ですので、専業主婦を望む女性が働きたいと思える環境を作る、意識を変える取り組みが必要です。

また、今まで、子供を育てあげた社会は、医療、老後、教育費とすべてにおいて、自ら計画をして、貯蓄が必要不可欠で、それを実行できていました。

今は、貯蓄が不可能になっているので、全体の社会福祉の向上をして、将来の不安をなくし、その都度の収入で、今の生活を生きれるようにする社会をつくることです。
Line